やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2018/09/25
民泊による収入の所得区分

[相談]

 私は会社員です。
 最近、私が生活している地域では外国人旅行者の数が増加したため、ホテルや旅館などの宿泊施設が不足しているという話を聞きました。そこで、住宅宿泊事業者としての届出を行ったうえで自宅の空き部屋を民泊施設として活用し、給与収入以外の副収入を得たいと考えています。
 私が仮に民泊による収入を得た場合、その収入は所得税法上のどの所得区分に該当するのでしょうか。


[回答]

 ご相談の場合における民泊による収入は、雑所得に該当すると考えられます。


[解説]

1.民泊需要の増加と住宅宿泊事業法施行

 ここ数年、我が国を訪れる外国人旅行者が増加し続けていることに伴って、特に東京・大阪・名古屋の三大都市圏において宿泊施設が不足しており、今後もその傾向が続く可能性があると予想されています。
 この流れを受け、外国人旅行者などに自宅の空き室などを短期で貸す、いわゆる「民泊」を行う人が増加しています。インターネット上では民泊で部屋を貸したい人と、そこに宿泊を希望する旅行者とをマッチングするビジネスが展開されており、その利用者数は急速に増加しているといわれています。
 その一方で、民泊が本来は旅館業法の許可が必要な旅館業に該当するにもかかわらず無許可で実施されていたり、ごみ問題など地域住民とのトラブルが発生していたりすることから、その対応策として今年6月に「住宅宿泊事業法」が施行され、民泊を行うための法律上のルールが整備されました。


2.民泊による収入の所得区分

 住宅宿泊事業法では、住宅宿泊事業を「旅館業法に規定する営業者以外の者が宿泊料を受けて住宅に人を宿泊させる事業であって、人を宿泊させる日数が1年間で180日を超えないもの」と定義しています。
 また、同法では住宅宿泊事業に使用される家屋を、(1) 台所・浴室・便所・洗面設備など、その家屋を生活の本拠として使用するために必要な設備が設けられており、かつ、(2) 現に人の生活の本拠として使用されていること等の要件を満たすものと定めています。
 それらの住宅宿泊事業上の考え方や、民泊利用者から受領する対価には部屋の使用料だけでなく、寝具等の賃貸料や室内清掃費等のサービスの対価などが含まれていると考えられることから、民泊による収入の所得税法上の所得区分は、一般的な不動産の貸付け(賃貸)による所得(不動産所得)とは区別され、原則的には雑所得に該当するものとされています。
 したがって、ご相談の場合も、生活の本拠である自宅の一室を住宅宿泊事業法上の届出を行った上で貸し出し、主たる収入である給与収入以外の収入を得られるということから、その収入は雑所得に該当するものと考えられます。


 ただし、今後において、専ら住宅宿泊事業による収入で生計を立てるようになった場合には、民泊による収入の所得税法上の所得区分が事業所得に該当することも考えられます。
 このように、民泊をとりまく税務上の取扱いは複雑ですので、民泊を始められることを検討されている場合には、ぜひ一度当事務所へご相談ください。


[根拠法令等]
 国税庁「住宅宿泊事業法に規定する住宅宿泊事業により生じる所得の課税関係等について(情報)」、住宅宿泊事業法2 など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
八重洲税理士法人
〒104-0028
東京都中央区八重洲2-7-7
八重洲旭ビル3F
TEL:03-3271-1231
FAX:03-3271-1238